2014.7.19 19:24

大谷、“日本最速タイ”の162キロに「なんとか出て良かった」/球宴

1回、日本ハム・大谷の球速が162キロを記録=甲子園球場(撮影・白鳥恵)

1回、日本ハム・大谷の球速が162キロを記録=甲子園球場(撮影・白鳥恵)【拡大】

 マツダオールスターゲーム第2戦(19日、全セー全パ、甲子園)全パの先発を務めた日本ハム・大谷翔平投手(20)が一回、先頭の鳥谷(阪神)への2球目と、5番・阿部(巨人)への初球で“日本最速タイ”となる162キロをマークした。3安打で1点を取られたものの、全23球中で160キロ超えが、なんと12球。一回限りで降板したが、甲子園のファンを驚かせた。

 大谷は「真ん中に思い切って投げた。少しは狙っていた。ブルペンでは良くなかったけど、本番では良かった。なんとか出て良かったです」と満足そうに話した。

試合結果へ