2014.5.15 05:00

投球練習長すぎる!!阪神・和田監督、コイの継投に抗議

九回、和田監督は広島の継投について激しく抗議した

九回、和田監督は広島の継投について激しく抗議した【拡大】

 (セ・リーグ、広島3-4阪神、8回戦、4勝4敗、14日、米子)阪神・和田監督が広島の継投に異議を唱えた。4番手・中田の投球練習に対して抗議した。

 九回一死、大和の投ゴロが3番手・永川勝の左足を強襲。トレーナーがマウンドへ走ったが、右腕は続投した。だが、続く鳥谷に左中間二塁打を浴びて降板。代わった中田がマウンドでの投球練習で規定の8球を超えて投じたことに、和田監督はベンチを出た。

 負傷による緊急登板と判断した牧田球審が特例を認めたが、指揮官は「最初は故障じゃないと判断してベンチに引いたわけ。2回目は故障では(認められ)ないんじゃないか」と主張。認められずに「特別ルールと言われた。しようがない」と引き下がった。

野球規則8・03(投手の準備投球)

 投手は各回のはじめに登板するさい、あるいは他の投手を救援するさいには、捕手を相手に8球を超えない準備投球をすることは許される。この間プレイは停止される。
 各リーグは、その独自の判断で準備投球の数を8球以下に制限しても差しつかえない。このような準備投球はいずれの場合も1分間を超えてはならない。突然の事故のためにウォームアップをする機会を得ないで登板した投手には、球審は必要と思われる数の投球を許してもよい。

試合結果へ

(紙面から)