野球メニュー

ここから本文

野球野球のRSS

佑ちゃん3・3燕戦ダメなら開幕投手“白紙”

2012.2.25 05:01
操作メニューをスキップして本文へ
特集 : 日本ハム   斎藤佑樹
ゴルフを終え、宿舎へ戻る日本ハム・斎藤=24日午後、沖縄県名護市(撮影・川口良介)

ゴルフを終え、宿舎へ戻る日本ハム・斎藤=24日午後、沖縄県名護市(撮影・川口良介)【フォト】

 日本ハムは25日の楽天戦(名護)から、オープン戦がスタート。25日は武田勝(33)、26日のDeNA戦(宜野湾)はボビー・ケッペル(29)、3戦目のヤクルト戦(札幌ドーム)は斎藤佑樹(23)と、開幕投手を争う3投手が続々と先発。だが斎藤には、早くも正念場だ。

 4回1失点だった23日のヤクルト戦後、斎藤は「次回は失投をなくして、力まずに投げていきたい」と決意した。昨季12勝のウルフは調整遅れで1歩後退。同11勝の武田勝、同14勝のケッペルは今回が実戦初登板。斎藤はこれまで3試合で9回6失点、防御率6・00と早くも背水の陣。首脳陣は、ヤクルト戦で結果が出なければ、斎藤の開幕投手プランを取り下げる考えだ。

 「シーズンまで1カ月近く。修正点も含めて課題が見つかればいい」と斎藤は“先”を見すえるが、自ら開幕投手を目指すと公言しただけに、なんとか結果がほしい。 (湯浅大)

(紙面から)


企画特集

注目サイト