富士大・鈴木翔、左脚つり降板も無失点OK/東北スポーツ

 

 明治神宮野球大会1回戦(10日、富士大4-1大商大、神宮)先発の鈴木翔は4安打9奪三振で無失点。五回途中に左脚がつるアクシデントで降板したが「力を抑えぎみでいけた。悪いなりの投球ができた」とうなずいた。秋季リーグ八戸工大2回戦で、東北の大学リーグ史上初の完全試合を達成。一躍注目を浴びた左腕は「意外と話題になった。自信も少しついた」。全国の舞台でも快投で名前を売る。

Read more