大阪桐蔭、明徳義塾が4強入り/神宮大会

 
先発の大阪桐蔭・横川凱=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

 第48回明治神宮野球大会第2日は11日、神宮球場で高校の部の準々決勝が行われ、大阪桐蔭(近畿)明徳義塾(四国)が準決勝に進んだ。

 大阪桐蔭は三回、相手のミスに乗じて3点を先制。五回に宮崎のソロで加点し、駒大苫小牧(北海道)を4-2で下した。明徳義塾は一回に2点を先制して流れをつくり、5-3で中央学院(関東)を振り切った。

 大学の部は2試合が組まれている。

Read more