11月11日11時に大谷が語る!都内で公式会見 日本ハムは全面バックアップ

 
大谷は東京都内で竹田球団社長、栗山監督と“会談”するために、鎌ケ谷市の寮をスーツ姿で出発した(撮影・大橋純人)

 日本ハムは10日、東京・文京区の東京ドームホテルで会見を開き、大谷翔平投手(23)のポスティングシステムを利用した米大リーグ挑戦を正式に認めた。会見前に本人と会談した栗山英樹監督(56)は、「大谷翔平の天井はこんなところではない」と世界最高峰の舞台でさらに成長することを期待。球団は若き二刀流の挑戦を全面的にバックアップしていく方針を示した。大谷自身は11日に東京都内で公式会見を開き、正式に表明する。

 午後3時。直前に大谷本人と約30分間の会談を終え、ポスティング容認の会見に臨んだ栗山監督の瞳は潤んでいた。

 「本人の思いを球団の全員で受け止めた。一番は本人が全力で頑張って結果を残した。私を含めて全員で感謝しています。世界一の選手になるということを信じている」

 2012年11月。ドラフト会議前に米挑戦を公言していた大谷に投打二刀流を提案し、口説き落とした指揮官。脳裏には、2人で歩んだ5年間の日々が走馬燈のようによみがえった。

 内気な18歳の高校球児は、栗山監督と会話しても最初は「はい。そうですね…」としか返答できなかった。だが、今は違う。夢の実現に向け、自分の思いをはっきりと言葉にできる。この日、球団幹部や栗山監督の前で「ファイターズに入団する前からの夢、メジャーで世界一になるという夢。その夢の実現に向けて、挑戦していきたい」と目を輝かせたという。

 昨年は「1番・投手」で先頭弾。今年は「4番・投手」で完封勝利を挙げた。二刀流を最高レベルで成し遂げ、球界の常識を覆してきた。来年からは、活躍の場を米国に移す。日本ハムもその挑戦を全力でバックアップするつもりだ。

 リスクが大きな二刀流の起用法やコンディショニングについて蓄積してきたデータを、「ルール上、可能であれば、やぶさかではない」(吉村GM)と新天地となる米球団に提供する。球団通訳やトレーナーを派遣するプランもある。今後も球団施設の使用を許可し、練習に集中してもらう。

 大谷自身は背番号と同じ、11日午前11時に東京都内で公式会見を開き、メジャー挑戦を正式に表明する予定だ。

 「僕が思っている大谷翔平の天井はこんなところではない。アメリカのファンの度肝を抜くことを信じている」と栗山監督。23歳が世界最高峰の舞台で輝く日を楽しみにしている。 (桜木理)

大谷から米大リーグ挑戦の申し入れを受けた日本ハム・竹田球団社長「メジャーで二刀流で活躍することで、日本のファンが夢や感動を覚えて、大谷選手のようになりたい、頑張ろうと。そういう夢を与えるような活躍をメジャーでしてほしいと伝えた」

大谷について巨人・高橋監督「あれだけ飛ばせる打者もいなければ、あれだけ速い球を投げる投手もそうはいない。日本でずばぬけた身体能力を持った選手が、どれくらいやるのかは楽しみ」

★ポスティングでメジャー挑戦を表明した主な日本選手

 ◆オリックス・イチロー(2000年10月12日) 神戸市内のホテルで会見。100人を超す報道陣が集まった。

 ◆西武・松坂大輔(06年11月1日) 東京都内のホテルで約20台のテレビカメラと日米約150人の報道陣が詰めかけた。

 ◆日本ハム・ダルビッシュ有(11年12月8日) 自身のブログで表明。翌年1月19日にレンジャーズ移籍が決定し、同21日にレ軍本拠地で入団会見。同24日には1万811人の観衆が集まった札幌ドームで退団会見を実施。

 ◆楽天・田中将大(13年12月17日) 球団事務所で会見。テレビカメラ10台、約50人の報道陣の前で会見。

 ◆海外FAでは巨人・松井秀喜も(02年11月1日) 東京都内のホテルで200人を超える報道陣を前にして厳しい表情を浮かべながら自身の決断を明かした。 【注】日付は日本時間

ポスティングシステム

 プロ野球選手が海外フリーエージェント(FA)資格取得前に米球界に移籍できる制度。5月に米大リーグ機構(MLB)が日本野球機構(NPB)に改定を申し入れて協議中。このオフは2013年12月に成立した制度を継続し、来オフから新制度に移行することで大筋合意している。従来の制度では日本球団が譲渡金を上限2000万ドル(約23億円)に設定し、支払う意思のある全ての大リーグ球団が選手と交渉できる。交渉期間は30日間。

Read more