立正大、東洋大にサヨナラ勝ち!救援の釘宮3勝目/東都

 

 東都大学野球秋季リーグ第4週第3日(6日、東洋大2-3x立正大、神宮)第4週未消化の3回戦1試合が行われ、立正大が東洋大に3-2でサヨナラ勝ちし、2勝1敗で勝ち点を2に伸ばした。九回二死一、三塁から暴投で決勝点。救援の釘宮光希投手(3年)が3勝目を挙げた。

 2-1の七回二死二塁で救援した立正大・釘宮は、中前へのポテンヒットで先発・鈴木の初の勝利投手の権利を消し、サヨナラで自身が3勝目をつかんだことに「悪いことをしてしまった」と苦笑い。送った坂田監督は「経験のある投手に託した。抑えて勝てたのは下級生の力にもなる」と、1部再昇格で迎えた秋の成長に目を細めた。

Read more