関大・早瀬監督「大味な試合だったが…」 打線の力で勝ち点3/関西学生

 

 関西学生野球秋季リーグ第6節第1日(6日、近大9-13関大、南港中央)関大は2回戦で完全試合の山本が七回途中までに8失点とぴりっとしなかったが、打線の力で勝ち点3を挙げた。早瀬監督が「あの2ランが大きかった」と褒めたのが、一回の松島恒の本塁打。いきなり2点を失った後の一発で逆転し、以降もリードを広げた。

 1分けを挟む6連勝で首位。次節の立命大戦で勝ち点を奪えば、2季ぶりの優勝に大きく前進する。「大味な試合だったが雨の中、全員が集中を切らさなかったのは大きい」と、監督は手応えを口にした。

Read more