九回に途中交代の仙台育英・渡部は脱水症…点滴後、宿舎で安静

 

 第99回全国高校野球選手権大会第9日第3試合(仙台育英1-0日本文理、17日、甲子園)仙台育英の渡部捕手がめまいと手足のしびれを訴え、九回に途中交代した。兵庫県西宮市内の病院に搬送され、脱水症と診断された。点滴を受けた後、宿舎で安静となった。

 大会本部を通じ「長谷川は直球が走り、縦のスライダーも切れていて、うまく使えた。(大阪桐蔭には)当たって砕けろぐらいの気持ちで思い切ってプレーしたい」とコメントした。

Read more