男子チームスプリントで日本は銀メダル

(左から)長塚、伏見、井上 自転車男子チームスプリントで競輪選手3人で固めた日本(長塚智広、伏見俊昭、井上昌己)は決勝で44秒246でドイツに敗れたが、日本として五輪史上最高となる銀メダルを獲得した。同競技でのメダル獲得は96年アトランタ五輪の男子1000メートルタイムトライアルで3位になった十文字貴信以来、3度目。日本は予選を3位で通過すると、8チームによる1回戦でオランダに快勝し、勝者の2番目のタイムをマーク。決勝では好スタートを切ったが、中盤以降にドイツにリードを許した。男子4000メートル個人追い抜きはウィギンズ(英国)が制した。女子3000メートル個人追い抜き予選でアルマー(ニュージーランド)が3分26秒400の世界新をマークした。〔写真:男子チームスプリントで日本五輪自転車史上最高の銀メダルを獲得した長塚、伏見、井上=左から=共同。同左:男子チームスプリントで銀メダルを獲得した日本チーム。左から伏見、井上、長塚の3選手=ベロドローム(共同)



日本チーム 「いやあ、金、狙ってたんですけどねえ。金がいいです」。銀メダルを獲得した自転車の日本チーム、長塚、伏見、井上の3人組。金メダルにはあと一歩届かなかったが、レース後、日の丸を手に会場を周回した表情は晴れ晴れとしていた。

 3人は、互いにがっちりと握手を交わし、健闘をたたえ合う。表彰台に上がった際には、言葉を交わしながらリラックスした表情でメダルを受け取った。肩を組んでスタンドに手を振り、笑顔で声援に応える。額には汗が光っていた。

 ミックスゾーンに姿を現した後はユーモアあふれる発言を連発。コメディアンのように振る舞った。長塚選手は「井上君まではトップだったんですよ」と明るく話し、「次は金メダル」と笑い飛ばした。伏見選手は「競輪は国内戦だが、オリンピックは全然雰囲気が違う。最高です」と思う存分五輪を楽しんだ様子。

 最後にひと言と記者団に求められると、3人そろって「ワン、ツー、スリー、ハッスルハッスル」と格闘技選手のポーズをまねておどけてみせた。

 「よくやった」。スタンドでは日本チームのサポーター約10人が歓声を上げた。その1人、荒井文説さん(36)は銀メダルの結果に飛び上がって喜ぶ。荒井さんはオーストラリアで長塚らのトレーニングを支援し、アテネに来てもおにぎりなどを差し入れた。「日本選手がここまで記録を出すのは信じられない」と話し、満足そうだった。

共同

著作権、リンク、個人情報について